ナイキサッカーシューズ新作モデル「Tiempo Legend VII」

By | 2017年8月2日

20170627122325563

「Tiempo Legend VII」の外観

ナイキサッカーシューズ「ティエンポ」シリーズが歴史において初めてフラニット素材を採用する時代がなってきました。2017-18シーズンが開始する前に、新しい「Tiempo Legend VII」新作モデルが“黒・白・オレンジ”の色合いを羽織っている世の中に見せます。それとも、ナイキ ティエンポの全新な序幕を開きました。

今夏ナイキサッカースパイクで最も注目を集める新作モデルとして、「Tiempo Legend VII」が初めてカンガルーレザーとフラニットを一緒にいさせて、それをより強いフィット感と快適感を提供します。それに、前作Tiempo Legend VIと比べて比較的に22%に軽くなってきます。

新作サッカースパイクの中足部のフライニットには、フライワイヤーケーブルを通して、自分好みのフィットに調整できるようになっています。シュータンのところにしなやかでかつ厚みと弾力を持ったフライニットは、甲部分を柔らかくホールドしてくれます。また、フライニットはスパイクの型くずれも防ぎます。

「Tiempo Legend VII」に新たな技術と活力と加入したが、ナイキが依然としてティエンポのアッパー前部のところで伝統的なカンガルーレザーを使って、ボールタッチを確保します。過度なストレッチを防ぐために、ナイキサッカースパイクが「Fit-Mesh」という技術を開発します。この技術も初めて「Tiempo Legend VII」で利用します。それを除いて、カンガルーレザーのアッパーに薄い上塗りに加入して、縫い穴を作らずにキルティングと同様のボールタッチとコントロール性を提供しています。

「Tiempo Legend VII」の素材と機能性

新作モデル「Tiempo Legend VII」もナイキの最新な超穏やかなアウトソールを使って、多い方向で働くためにデザインしたものです。あと、ソールに円錐、V字型な混合型のスタッドで最も強い牽引力をサポートします。中足部のフライニットには、フライワイヤーケーブルを通して、自分好みのフィット調整が可能に。シュータン部分のしなやかでかつ厚みと弾力を持ったフライニットは、甲部分を柔らかくホールドする。また、フライニットはスパイクの型くずれも防ぐ。

さらに、フィットメッシュで足を安定させることにより、縫い目を作らずに前足全体に柔らかいレザーを採用することが可能に。レザーには薄いフォームを組み合わせ、縫い穴を作らずにキルティングと同様のボールタッチとコントロール性を提供する。また、レザーのつま先部分が伸びすぎるのを防ぐため、内側に新開発のフィット メッシュを用いた。モンゴルフィア氏はこう語る。

「このスパイクのストライクゾーンには縫い目が一つもありません。レザーとボールのダイレクトなコンタクトを実現します。フィットメッシュは、中国の指を入れると抜けなくなる筒状のおもちゃ『フィンガートラップ』のように働き、テンションをかければかけるほど、よりしっかりと足をホールドします。スパイクのアッパーとソールの継ぎ目を少し上に取り、そこから浮かせた状態でこのフィットメッシュの裏打ちをして使用しています。そのため、レザーではなく、この素材で足をしっかりとサポートするようになっています」

前足からかかとまでの全体で履き心地の良さを感じることができ、かかとにはクッションのついた小さな素材が足を適切な場所に収め、しっかりと足をホールドする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です